お知らせ・モデルケース|PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング 

PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング「お知らせ・モデルケース」

Newsお知らせ・モデルケース

起業家

2019.11.08

起業コラム8|感動を売る

起業コラム8|感動を売る

あなたのイメージする感動とはどのようなものでしょうか。
また、その感動を売るということをイメージできるでしょうか。
 
私たちがビジネスとするにあたり避けて通れないことがあります。
それは「顧客の創造」です。つまり、新規営業で顧客を開拓していかなくてはならないということです。
新規営業は大変だ、と思われる方は多くいます。しかし、もしあなたもそのように感じるのであればその原因について考えてみる必要があるかもしれません。
新規営業が上手くいかない原因の多くはセールストークが上手ではなかったり、売る商品の悪いことではありません。そもそもその商品の売り方が間違っているのです。
 
マーケティングには数々の手法が存在しますが、その新規営業を簡単にする方法の一つに「感動を売る」というものがあります。
感動は満足から生まれます。その満足も、魂が揺さぶられるような深い満足感でなければなりません。
 
要するに、感動は「ここまで自分に対して親身になって真剣にサポートしてくれる人に出会ったことがない」といわれるほどの顧客第一主義を徹底することから生まれてくるものなのです。
そこから新しい「顧客創造」につながっていきます。そして、ここからが感動を売るセールスパーソンと、ありきたりの満足を売るセールスパーソンとの違いが出てきます。

感動を売るセールスパーソンとは


今、あなたの目の前の見込み客だった人から契約をもらって顧客に変わったとします。そのとき、顧客に変わっただけではなく、すぐに協力者へと変えるのが感動を売るセールスパーソンとなります。
ただの目の前の見込み客、顧客ととらえずに常に次のステップにつなげることができる見込み客を紹介してくれる良き協力者へと変えてしまうのです。
 
もし、あなたになにかの営業経験がおありであれば同じようなシーンを経験したことがあるのではないでしょうか。
そのときの新規営業こそ、次の見込み客を用意に獲得することのできるセールスパーソンのやり方そのものなのです。
「ここまで自分に対して親身になって真剣にサポートしてくれる人に出会ったことがない」と思われる営業について、今考えているビジネスとぜひ重ね合わせてみてください。

まとめ

目の前の見込み客を獲得しようとする狩猟型の営業では、おそらく誰も満足させることができません。目の前の見込み客のサービスの必要性やニーズは敏感に察知し、同業が絶対にやらないだろうというレベルまでサポートするのです。
これは、コストのかかる商品の品質とは別であり、最終的には最高のサポートがお客様を満足させることになります。
 
次回の起業コラムは11月15日正午12時配信いたします。
今後とも、よろしくお願いいたします。



PAGE TOP