お知らせ・モデルケース|PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング 

PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング「お知らせ・モデルケース」

Newsお知らせ・モデルケース

マーケティング

2019.10.19

効果的なPR方法はこれ!デジタルの時代で成功するオススメのPR方法とは?

効果的なPR方法はこれ!デジタルの時代で成功するオススメのPR方法とは?

企業が行うPRにはいくつかの方法があります。
その代表的なPR方法として挙げられるのが「プレスリリース」というもの。
あなたの会社でもすでにプレスリリースを実践しているのではないでしょうか。
 
今では無料のプレスリリース配信代行会社もあり、企業規模の大小にかかわらず簡単にメディアに対してプレスリリースを配信することができるようになりました。
基本的に企業担当者は原稿を用意するだけでプレスリリースを配信することができ、数多くの企業が取り組んでいるPR方法の一つといえるでしょう。
 
しかし、企業の担当者の多くが取り組んでいるプレスリリースなどのPRですが、実はほとんどの企業が狙っているような効果を得ることが出来ていません。
PRの効果を得られていない企業は、インターネットやSNSなどのデジタル分野が猛スピードで進化し続けているにもかかわらず、過去に続けられてきたPR方法に執着してしまっているということが背景にあります。
 
今、世界の企業が注目を集めているPR方法があります。
それはSNSを活用したPRです。2019年現在、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどの国内アクティブユーザーは1億人以上いるといわれています。
このような圧倒的なアクティブユーザーがいるSNSを活用して情報を拡散していく方法が、メディアからの注目を浴びやすくなっているのです。
ここでは、そんな大きく注目を浴びているSNSを活用したPR方法のメリット・デメリットをご紹介します。

SNSでPRするメリット

圧倒的なユーザー数

以下、2019年10月現在のSNSの公表データをまとめました。

この膨大なユーザー数の中には、あなたの会社の顧客、潜在客がいることでしょう。
メディアは、SNSの話題をもとに報道を行うことも非常に多くあります。SNSはただのマーケティングのみならず、自社のPRとしても最適なツールといえます。
SNSを活用した効果的なPR方法については「広告より結果を出す費用対効果抜群のPRマーケティング「口コミ戦略」【調査データ有】」を確認してみてください。

ファンを増やせる

ユーザーにとって有益な情報を提供していくと、「フォロー」や「いいね!」などでファンをつくることができます。
SNSで獲得したユーザーはすぐに顧客になることはありません。しかし、SNSではユーザーに対し有益な情報を継続的に提供していくことによって情報を拡散してくれるようになったり、そういった自社のファンであるユーザー自身が顧客になるというPRとマーケティングの2つの役割を果たします。
ファンを増やすことは話題性を高めることにも繋がりますので、より企業の事業活動を効率化させます。

高い拡散性

SNSはバイラルメディアとも呼ばれ、ウイルスの感染のように高い拡散性を持つ特徴があります。
企業はこの高い拡散性を利用し、自社のPRをしていくことができるメリットがあります。これは、SNS以外のインターネット広告などでは得ることのできないSNS唯一の特徴といえるでしょう。
ただし、プレスリリースのように企業の情報をただ発信するだけでは、ユーザーは情報を拡散させてはくれません。情報を拡散させるためには、PRしたいことをユーザーに浸透しやすいように伝えることが重要になってきます。
SNSで情報を拡散させる方法を知りたい方は拡散の手順をつづっている以下のコラムをぜひ参考にしてみてください。
【広告に限界を感じている企業担当者向け】SNSの口コミを拡散させる3つの方法

SNSでPRをする際のデメリット

良質なコンテンツの企画が必須

SNSでは、プレスリリースのようなただ単に企業の情報を発信するだけでは注目を浴びることができません。
SNSでPRしていくためには、情報や口コミを拡散させていく必要があるのです。情報や口コミを拡散させるためにはユーザーが好む「良質なコンテンツ」の企画が欠かせません。
ユーザーが興味を引くようなコンテンツと情報をかけ合わせることにより、情報の拡散を図ることができるのです。
注目させる見出しに加え、ユーザーが「どういうこと?」と疑問を感じるような画像などを活用して、自社で考えたユーザー好みのコンテンツに引き込んでいきましょう。

ユーザーが好むPRライティングが求められる

基本的にコンテンツは記事でつくられます。動画でPRしていくことも可能ですが、時間とコストがかかるため、はじめてSNSでPRする場合は自社で記事を書いてみることからはじめるといいでしょう。
しかし、PRの目的はあくまでもPRしたい内容を拡散させることです。そのためには、情報が拡散しやすいPR記事のライティングが求められます。
PRライティングを行うにあたり、作家のような綺麗な文章を意識する必要はありません。よく電車内広告で見かけるゴシップ記事などユーザーが興味をひくような言い回しを参考に、まずは自社でユーザーが興味を引きそうな書き方を実践してみてください。

まとめ

PR業界では常識ともいえるプレスリリースは、直接的にメディアにPRできるメリットがあります。しかし、その手軽さからプレスリリースを行う企業は非常に多く、多い日は1日に何百というプレスリリースがメディア側に送られてくるため、正直記者はすべてのプレスリリースを見きれていないという事実があります。
 
さまざまなデジタル分野が進化し続けている今では、SNSを活用したPR方法はメディアや多くのユーザーに対して強烈にアピールしていくことができるPRに最適なツールです。
従来の考え方に縛られ、プレスリリースをしているという安心感に満足していては、必然的に大きくメディアに取り上げられる確率も低くなってしまいます。
 
SNSでのPRは、ユーザーに興味を引くための手間と努力が必要になります。しかし、その手間を惜しむか惜しまないかで、あらゆるメディアに取り上げられる確率が大きく変わるのです。
まだSNSを活用したPRをしていない場合は、ぜひ自社のPRの方法として取り入れることを検討してみてください。
 



PAGE TOP