お知らせ・モデルケース|PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング 

PR会社なら東京のPR企画/掲載代行の未来マーケティング「お知らせ・モデルケース」

Newsお知らせ・モデルケース

マーケティング

2019.10.21

PRライター必見|メディアに注目される3つの記事作成のポイントとは

PRライター必見|メディアに注目される3つの記事作成のポイントとは

PR専門の記事を書くことができるPRライティングのポイントはご存知ですか?
PRに必要な記事作成は、主にPRプランナーの仕事の一つと認識されることが多く、PR専門の記事を書くPRライターとしての役割をあまり重要視していない企業があります。
 
メディアからの注目を浴びたり友好な関係を構築するためには、PRを行う記事についての理解を深める必要があります。
実際に、企業が発信したプレスリリースや記事コンテンツはほとんどはメディアやユーザーに興味を持たれておらず、全国の企業から届けられる大量の情報により、あなたの会社から発信された情報の存在さえも気づかれていないということがあります。
 
ここでは、数多くのプレスリリースやコンテンツ記事の中から選ばれ、メディアに取り上げられることのできるPRライターが心がけるべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

PRライターが記事作成を行うときの3つのポイント

見出しで心をつかむ

PRの記事で最も重要な部分は見出しです。
あなたはインターネットのGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用するとき、知りたい情報が載っているサイトを検索結果の見出しで判断して探しませんか?
これはPRの記事も同様です。
どんなに内容の充実した素晴らしい記事であったとしても、まず記者やユーザーに記事の存在に気づいてもらわないといけません。
 
見出しの書き方は、プレスリリースや記事コンテンツによって異なりますが、インパクトのある「数字」や「データ」を見出しに入れることで記事の内容を見てもらえる確率が大幅にアップします。
基本的には記者やユーザーは、中小企業が発信する情報に興味をもってくれていません。そのため、まず興味を引きつけるために記事の見出しはしっかり考えておく必要があります。

社会貢献性をアピールする

次のポイントは社会貢献性をアピールするということです。実は、ほとんどの企業はここがクリアできていません。
企業が行うPRはたいていの場合、自社のPRしたいことをいかに伝えるかに一生懸命になり、企業側のアピールだけの記事に仕上がっています。
 
記者やユーザーは売り込まれることを好みません。企業はお金をかけてPRをするためアピールしたい気持ちは理解できますが、あえて自社のアピールは適度に、あとは社会貢献性をアピールしていきましょう。
記者は、多くのユーザーが社会貢献性の高い話題に対して反応を示すことを知っています。そのため、社会貢献性の高い内容の記事はメディアに取り上げられやすい傾向があるのです。

広告的表現を控える

PRは広告ではありません。記者やユーザーは広告的表現のPRを好まないため、記事を作成するときは先述した社会貢献性を組み合わせ、なるべく営利目的であるPR表現を控えましょう。
 
企業がメリットを宣伝するタイミングは、記者やユーザーがPRに興味を持ってくれるまでタイミングを見計らうのが無難です。
PRライターは広告的表現を避けてPRしていくという、ある種の矛盾の中で記事の作成を行う必要があります。しかし、それは最終的に自社に興味を持ってもらうための戦略であることを認識しておくといいでしょう。
まずは、多くの企業のPRの中から選ばれるための見出しや内容づくりに徹底しましょう。

まとめ

PRライターの仕事では、文章という限られた枠の中でどれだけ記者やユーザーの興味を引きつけるかが重要になります。多くの企業のPRの中で、自社のPRが読み飛ばされてしまうような文字が並んでいるだけの記事は控え、まず興味を引きつけるための見出しをしっかり考えましょう。画像やデータを記事に入れると説得力や見栄えのよさが増します。
 
PRライターとして、結果が出た時の喜びは大きいものです。
自分が記者やユーザーだったらどのような記事に興味を感じるかを念頭に置き、ご紹介した3つのポイントをおさえて取り組んでみてください。
 



PAGE TOP